DVDの内容 - 下園壮太の【うつ病改善プログラム】解説ホームページ

サイトマップ

下園壮太の【うつ病改善プログラム】解説ホームページです。あなたのため、ご家族や同僚友人のためにしっかり学んでください。

DVDの内容 - 下園壮太の【うつ病】解説

私は、本当に下園先生に感謝しています。

このプチ認知療法のおかげで私をはじめ、多くの人たちが「うつ」を改善すことが出来たのです。

その後、私の中でこの治療法を1人でも多くの方に伝えたい!
今現在、うつに苦しみ、悩んでいる人に知ってほしい!
そう思うようになりました。

このような気持ちが日に日に強くなり、無理を承知でお願いに参りました。

「先生の治療法を詰め込んだDVDプログラムを作らせてください」

下園先生は、「うつ」に悩み苦しんでいる方の助けになるのなら・・・と快く承諾いただけることができました。

現役心理カウンセラーである下園先生がご自身も「うつ」になった経験と、多くの人々の悩みをサポートしてきた経験を元に構築した最も効果的で最も結果が出る方法

自分いじめを卒業して、うつから最短で抜け出すためのDVDプログラムが完成しました。

「どんな内容になっているの?」

はい、それでは具体的にDVDプログラムの内容をご紹介します。

プログラムでは実際にうつで苦しんでいる方に参加していただいて、セミナー形式で行いました。

ディスク1では、実際に回復するための作戦、訓練に入る前のウォーミングアップ。「うつ」の基礎知識を学ぶことで、ディスク2で学ぶ回復するための作戦、訓練に入りやすくなります。

DVDイメージ画像「いろんな形のうつ状態」編

チェックマーク画像 それぞれの「うつとの戦い」(セミナー参加者の自己紹介)

セミナーに参加された方々のうつの状態を聞いていくところからセミナーはスタートします。先生は意見を無理に押し付けず、いったいクライアントがどのような状態になっているのか把握することにつとめています。

自分自身を振り返ることがこの章をご覧になることで可能になります。

チェックマーク画像 下園先生のうつ体験

下園先生も「うつ」の経験があります。貧血を起こしたり、モドしたりすることが多くなってしまいました。

評論家は、こうやれば治るよ!心を強く持とう!と簡単に物事を終わらせようとします。でもそんな単純なことではないですよね。当事者しか分からない。だからこそ下園先生はご自身の経験を皆さんにお伝えしているのです。

下園先生はどうやってうつを改善していったのか、どうすれば心は軽くなるのか? クライアントさんのお話も混ぜながら解説していきます。

DVDイメージ画像「うつ状態をどう理解すれば
    回復に近づくか」編

この章では、実際の回復に必要な「うつ」というものを解剖していきます。もちろん難しい文言なんて一切使いません。誰でも分かりやすいような解説がされています。

チェックマーク画像 うつ状態とは(うつから脱出できる「知識」)

現在、医学的な知識を持っている方が大勢いらっしゃいます。

ところが、医学的に正しいことが、必ずしもうつの人の心の勇気(エネルギー)になるとは限らないのです。一般的な医学的知識によって、逆に不安が募り誤った「努力」を繰り返すクライアントが多い。

下園先生は、「うつのときは、医学書は読まない方がいい」とさえいっています。

本編では、当事者が「自分を認め」「正しい対処」を取りやすくなるような、下園先生独自の“うつの理解の仕方”について解説します。

チェックマーク画像 現代のうつの特性

現代の「うつ」の特性をお話します。どんなときに「うつ」状態になってしまうのか、どういうことがきっかけで「うつ」のモードが発動してしまうのか。

これを知ることであなた自身の原因を探ることが可能になります。

この他にも・・・うつの大敵「疲れ」についてレクチャーしています。

チェックマーク画像 「疲れていた」という自覚を持つために

チェックマーク画像 蓄積疲労に気がつかない理由

チェックマーク画像 感情で疲労する理由と対処法

チェックマーク画像 普通の「不安」とうつの「不安」の違いを理解しよう!

チェックマーク画像 日常の出来事の積み重ねで疲労する

チェックマーク画像 疲労を麻痺させるシステムが誤作動する

チェックマーク画像 疲労していても他人と比べてしてしまうメカニズム

いろいろな方向性から「うつ」を丸裸にしていきます。以上がディスク1です。

ディスク2では、さらにディスク1で学んだことを生かしてあなたが元気を取り戻すことが可能になるレッスンをしていきます。

DVDイメージ画像「うつ状態から回復するための訓練」編

下園先生は、常々「うつを治す魔法は無い」と言っています。

ディスク1を見た人は、うつを理解するために基本知識を身につけました。後は、感覚や行動を通じて、その感じ方考え方を身体に定着させていく訓練を行いましょう。

考え方を変えろ、というのが従来の認知療法の訓練のやり方でした。下園先生は、気力の低下しているうつ状態の人が「考え方を変える訓練」を行うと、返って落ち込むことが多いことに気が付いたのです。

そこで先生は、不安や焦りを抑え、自分を認め自信を回復し、ゆっくり確実に回復するための訓練メニューを開発しました。多くのメニューから自分にあったものを取り入れればいいのです。

本編では、その中でも最もクライアントの評判の良いものを厳選して、詳しく紹介します。

チェックマーク画像 誰でもできる簡単回復レッスン

日々の生活の中にゆったりとしたリズムを取り入れていきます。一番効果のある方法を2つほどピックアップしてご紹介します。

チェックマーク画像 いろんな不安対処の方法

たくさんの方々から要望のあった不安の対処方法をまとめています。この方法を知ることであなたの心がふわっと軽くなります。

チェックマーク画像 実に93パーセントの人がおろそかにしている呼吸法

実は正しい呼吸法を知ることで、ずいぶん体調が変わってきます。この呼吸法は反響が多く、是非あなたも実践してください。

チェックマーク画像 身体感覚を取り戻すことによって自信を回復する方法

体の感覚を元に戻します。普通のカウンセラーは身体感覚までは目を向けません。通常は、精神から治療を行っていきますが、体と心のバランスが崩れていたらどっちか一方を改善しても、真の改善にはなりません。

チェックマーク画像 首をリラックスさせる訓練・胸をそらす訓練

身体感覚の中には、首や胸が重要となってきます。どのように訓練するかを学び、実践していってください。誰でも簡単にできるので、体に負担がかかることはありません。

もう大丈夫です!

単なる医学的な知識ではなく、
実践を通じて洗練されてきた「本当に役に立つ知識」
それを知っているか、知らないかは大きな差になってしまいます。

家庭の医学という赤本が昔の家ならばどこにでもあったように、これからは、プチ認知療法のDVDがあなたを助ける道具になります。

学校の試験でも事前に答えが分かっていれば、 誰でも100点を取ることができます。

中学生の頃を思い出してください。先生が「明日試験をします!」という場面を一度は経験したと思います。もし、そこで先生が答えを事前に教えてくれたとしたら・・・

満点を取ることは難しくありませんよね。

答えだけ覚えていけばいいのです。 難しいことを考える必要はありません。

うつから脱却するのもテストと同じです。 はっきりとした答えがあるのです。

答えが分かっていたら、当然、抜け出せる確率は高まります。

うつから抜け出せる人、抜け出せない人との違いはそのテスト答えを、「知っているか、知らないのか」の違いだけです。

たったこれだけのことで大きさが生まれてしまうのです。

覚える必要などありません。迷い悩んだらDVDを見てください。あなたは、それを見て前に進むだけでいいのです。

以上が「うつの悪循環から独力で脱出する新しい考え方 プチ認知療法」の中身になります。

もう無理をする必要はありません!

「うつが瞬時に治る」、「これをするだけで治る」などと宣伝しているものは、明らかに“まがい物”です。もっともらしい宣伝をしていますが、それに乗って一つのことを集中的に努力してしまうと、ほとんどの場合失敗し、自信を失い、うつが悪化します。

うつの時には、「無理」は、禁物です。焦っているので無理してでも治したい気持ちはあるでしょう。

でもそれは焦ってダイエットして、リバウンドし結局もっと太り(悪化し)、あきらめ自信を失う失敗と同じことになります。

このDVDは、そんな失敗を避けるための工夫が施されています。いろんなメニューを用意し、自分の好きな時間に、好きな項目だけ実践すれば良い・・・

そこに、下園先生の講義をDVDにして皆さんにお届けする真の目的があります。


>> うつ病解消プログラムの詳細はこちらをクリック!

うつ病プチ認知療法 - 価格キャッシュバック
家族のイメージ画像